私が実感したカミソリでの自己処理のリスク

ワキ脱毛1つとっても自己処理はしないほうがいいと実感

カミソリでのムダ毛の処理は、自己処理の中でも手軽でやりやすいものだと思います。

 

しかし、間違った方法で処理をすると傷をつくってしまったり、
またカミソリ負けを起こしてしまい、大変なことになってしまいます。

 

まず、何もつけずに処理をしてしまうと、
滑りも悪く保護するものがないので皮膚の表面を必要以上に削ってしまい、カミソリまけの原因になってしまいます。

 

また、引っ掛かりがあるためにカミソリが横滑りしてしまい傷をつくってしまうおそれもあります。

 

他にも、石鹸をつけてカミソリで剃るという方法が手軽で多くの方が実践しているのではないか、と思います。
しかし、石鹸はアルカリ性であり汚れを落とすためのものなので皮膚を保護するためには使えません。

 

石鹸を使いカミソリで剃ることによって、
ともすると何もつけないで処理をした場合以上に角質を痛めてしまうおそれがあります。

 

また、処理をするさいに毛の流れに逆らい何度も同じ場所を剃ってしまうことがありますが
、このような処理をしてしまうと埋没毛を引き起こしてしまうため避けたほうがいいです。

 

以上のことから、カミソリでムダ毛を自己処理する場合、
専用のシェービングクリームやジェルなどを使い、毛の流れに沿って優しく行うことが、
素人でも何とか肌トラブルを回避できる唯一の方法になると思います。

 

それでも脱毛に比べるとやっぱりトラブルは格段に多いのが体感的にわかりますね。